Recipient:

School OfficeAdmissionsHeadmasterOther

ようこそ、Axis インターナショナルプリスクール トドラーハウスへ!

Axisインターナショナル・プリスクールの園児達(3-6歳児)と、トドラーハウスの園児(1-3歳児)は、楽しいカリキュラムを全て英語で体験することができます。そのため当園では、経験豊かで優れた資格を持つ、英語のネイティブスピーカーが保育をしています。

当園では、園児にきめ細やかなケアと指導を行っています。少人数制クラスのため、先生の目が一人一人の子どもにしっかり行き届き、問題になりそうな行動や状況にすぐ気付くからです。また、本校には専任の看護師がおりますので、怪我や病気の時にも安心です。もし、お子様の健康についてご心配などがおありでしたら、本校の看護師にご相談ください。

出願登録

Axisインターナショナル・プリスクールに入園を希望される場合、まずはお子様の英語力を確認するために能力チェックを受けて頂きます。その結果に従って、お子様のレベルに合うクラスを判断いたします。これはお子様が、無理なく英語環境での生活や学びをスタートするためです。こうして子ども達は、新しい環境になじんで、自分に合ったプログラムを楽しむことができます。

当園では、どんな英語レベルのお子様でも受け入れています。プリスクールとトドラーハウスのプログラムは、全くの初心者からネイティブスピーカーまで、それぞれのレベルに応じられるものとなっているからです。幼い子ども達は、自然に言語を習得できる時期にありますので、英語に触れれば触れるほど、どんどん吸収していきます。当園では、楽しく英語が身につく環境と活動を子ども達に提供することを目指しています。

カリキュラム

Axisインターナショナル・プリスクールは、アメリカの幼稚園でも採用されているマザーグースタイム・カリキュラムを用いています。これは、遊びや読み聞かせ、音楽や工作などの活動を通して、子ども達が全ての面(身体的、情緒的、精神的)においてバランスよく成長できるように考えられたプログラムです。当園の総合的な英語プログラムは、英語によるスピーキングとリスニング、そして読み書きするスキルを子どもに身につけさせ、自ら発展させる内容になっています。

マザーグースタイムの月間プログラムは、月ごとに様々なテーマについて学ぶことにより、幅広い分野における知識と活動を提供しています。

プリスクール・プログラム修了後

園児がプリスクール・プログラムを修了した後には、4つの選択肢があります。Axisインターナショナルスクール本校への入学は、その一つです。また、他にも日本に多くあるインターナショナルスクールの中から選んで英語による教育を続けることもできますし、日本の小学校や幼稚園に入ることもできます。その他、海外の学校や幼稚園に入学・編入する場合もあります。

Axisインターナショナルスクール本校(小学校・中学校・高校)のプログラムは、5歳11カ月以上の子どもが始めることができます。入学の可能性に関しては、クラスの空き状況とお子様の準備状態にもよりますが、基本的に本校のプリスクールに通っている園児はこの年齢に達した時に1年生に入学することが可能です。先に本校の1年生プログラムを経験することにより、その後に日本の小学校や他のインターナショナルスクールなどに転向する場合も、良いスタートを切ることが出来るでしょう。

Axisインターナショナル・プリスクールプログラムからの卒園生は、以下のインターナショナルスクールに立派に入学しています。

Axisインターナショナルスクール本校 <東京>

清泉インターナショナルスクール <東京>

ブリティッシュスクール <東京>

東京三育小学校 <東京>

2017年12月
M T W T F S S
« Sep    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

表彰状

Once again, thank you for your offer and kindness. It has given us assurance that we are not entrusting our children to teachers who will only educate them academically but to a wonderful people who will educate and challenge them as a whole person. (mentally, morally and spiritually).

L    8月 4, 2016   

M within this week has received offers for two excellent Canadian universities(Victoria and UBC). I must say, it is even better than I even dreamt off. This makes us proud but with the due realization that your efforts have been a crucial contribution and played a big role. Thanks so much and I hope it gives you even more confidence to inspire the best in your students and endeavors.

E.C.    5月 29, 2014