Recipient:

School OfficeAdmissionsHeadmasterOther

午前中のプログラム

保護者の方が早めに連れて来られるお子様のため、午前8時半からプリスクールに登園ができます。スクールバスを利用するお子様は、8時35分に吉祥寺駅から出発となります。他の場所からバスに乗るお子様のためのバスルートはお住まいの場所によって異なりますが、スクールバスは午前9時から9時10分の間にプリスクールに到着します。

午前中のプログラムは、登園後の身辺整理と自由遊びから始まります。そして、9時20分からモーニング・サークルタイムという学びの時間を全員一緒に始めます。そこで、月や曜日や天気について簡単な問答があります。その後に子ども達は9時45分頃まで、「シングアロング(一緒に歌おう)」のセッションを楽しみます。

その次のクラスは、スタディタイムです。子ども達は、それぞれの年齢や英語レベルに合ったクラスに分かれて英語で勉強します。まだ小さい子ども達はゲームやアクティビティを使った学習に焦点を当て、大きな子ども達はワークブックや本を用いた学習になる場合が多いですが、時にはゲームなどもする場合があります。一生懸命頑張った後は、子ども達は体を動かす時間を楽しみます。天気が良い日には、近くの公園に行って走り回ったり、ブランコや滑り台などの遊具を使って、運動能力を高める遊びや活動をします。悪天候の日には、子ども達が室内で運動できるように、先生達が指導します。

午後のプログラム

昼食は正午に始まり、午後1時に終わります。子ども達はお弁当を持参することになっています。プリスクールには設備の整った台所がありますので、必要に応じて食事を温めたり準備をすることが可能です。お弁当は冷蔵庫に保管し、必要な時に温めることで、細菌の繁殖を防いでいます。また、食物アレルギーを持ったお子様も受け入れており、これまでにもそれぞれのケースに合わせて対応しております。園児には昼食を楽しむのに十分な時間があり、食べ終わった後には、友達と遊んだり、英語で自由に話すことができます。

昼食後は、トドラーハウスの子ども達はお昼寝の時間、そして上のクラスの園児達は工作を楽しむ時間です。工作の内容は、その日の学びや月間プログラムで決まっている月間テーマに関連したものです。図工の時間の長さは、工作の内容によって多少変わります。工作が完成すると、読書の時間になります。これも年齢やお子さんのレベルに合わせたアクティビティとなります。小さな子ども達には読み聞かせ、大きな子ども達はお互いに物語を読み合う場合もあります。その他に、読んだ本と関連したアクティビティをしたり、ショー&テルという、簡単なプレゼンテーションをすることもあります。

プリスクールの小さい園児の中で、疲れている子どもや、睡眠が必要な子どもは、午後のクラスを全部、または一部の時間、昼寝をすることもできます。

午後2時半になると、園児はグッドバイソングを歌ってから、降園の準備をして、それぞれのお迎え時間にしたがって、降園します。

午後3時から5時までの間にはプリスクールに残っている園児のため、放課後プログラムがあります。子ども達は先生の監督のもとでおやつを食べたり、パズルや自由遊び、読書や英語ゲーム、そして体を動かすゲームなどを楽しみながら、お迎えを待ちます。現在、プリスクールでの最終のお迎え時間は、午後6時となっております。どうしてもこの時間に間に合わない場合は、Axisインターナショナルスクール本校にて、最終時間午後7時にお迎えに来て頂くことが可能です。お迎え時間が遅くなる場合には、スタッフにご相談ください。

2017年8月
M T W T F S S
« Jul    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

表彰状

Once again, thank you for your offer and kindness. It has given us assurance that we are not entrusting our children to teachers who will only educate them academically but to a wonderful people who will educate and challenge them as a whole person. (mentally, morally and spiritually).

L    8月 4, 2016   

M within this week has received offers for two excellent Canadian universities(Victoria and UBC). I must say, it is even better than I even dreamt off. This makes us proud but with the due realization that your efforts have been a crucial contribution and played a big role. Thanks so much and I hope it gives you even more confidence to inspire the best in your students and endeavors.

E.C.    5月 29, 2014