Recipient:

School OfficeAdmissionsHeadmasterOther

ベル

学校では2種類のベルが鳴ります。授業開始の3分前の予鈴と、始業ベルです。予鈴が鳴ったら授業の準備をし、トイレに行ったり、おもちゃを片付けたり、準備に必要な事をします。

 

クラブ

参加希望の学生のために、クラブを作ります。これらは放課後に行われます。Axisインターナショナルの学生は無料で、自分の都合に合わせて参加日数を決めることが出来ます。

クラブが出来たら、学校で通知します。

新しいクラブも作る可能性があります。校長に話して下さい。

 

コンピューター

学習目的のためにコンピューターが供給されます。ゲームや映画は適切な使用とは見なされません。但し、コースワークの一部であるものは別です。

 

懲罰

懲罰が必要な場合、違反の内容によって様々な方法が使われます。また保護者の方々には取られた懲罰の内容がすべてお知らせします。一貫したアプローチが取れるように、お子様について教師とお話して頂くよう、保護者の皆様にお願いいたします。

 

懲罰の過程で取られる処置:

1. スタッフが当該学生と話します。保護者には適宜お知らせします。

2. スタッフが学生に懲罰を与えます。(休憩なし、昼食が終わるまで遊べないなど)保護者には適宜お知らせします。

3. 校長が学生と話します。保護者には適宜お知らせします。

4. 校長が学生に懲罰を与えます。(余分な宿題、居残りなど)保護者には適宜お知らせします。

5. 保護者に来校して頂き、効果が出ていない懲罰について話し合います。

 

服装

文化的な違いはあるものの、服装はシンプルで派手でなく、きちんとした服装をして下さい。学校は最新ファッションをひけらかす場所ではありません。

 

麻薬

薬品と麻薬のセクションを参照のこと。

 

緊急事態

いかなるものでも危険な状態に気づいたら、学生は即刻スタッフに知らせて下さい。

スタッフはそれが緊急事態であるかどうかを見極めます。緊急事態と判断されたら、以下の事に従って下さい。

1. すべての教師と学生は、即座にかつ落ち着いて、学校秘書に従うこと。秘書が安全な場所に誘導します。

2. 指定されたスタッフが電話をし、救急サービスとやり取りします。

3. 学校長は、緊急事態が拡散するのを防ぐために、人間的に可能な限りの措置を取るよう努めます。(例、火災の場合、消火に努めるなど)

避難訓練をランダムに随時行われます。

学校にはEメールの出来る電話が2機あり、緊急事態の時に使われます。1つはプリスクール用で、もう一つはメインスクール用です。大規模な災害発生の場合には、声による接続が難しくなると予想されます。この場合、Eメール機能をご利用下さい。完璧ではありませんが、保護者の方からのコミュニケーションが受け取れる可能性が高いはずです。これらは、建物から非難する必要のある災害発生時にのみ電源が入ります。建物内にいる場合は、通常のEメールや電話番号が使えます。

 

食事とおやつ

食物は重要です。本校では、多くの日本の学校のように給食はありません。また、おやつを昼食前に食べることは許されていません。朝食をしっかり摂らせて下さい。私達は子供達に甘いものを一杯食べさせることを避けたいです。砂糖のせいで、子供達が自分の感情を抑制するのが難しくなるからです。食事もまたバランスのとれたものにする必要があります。一般的に、子供達はお母さんが作って下さったお弁当を少なくとも半分は食べるように求められます。

 

ガムは学校では許可されません。

 

卒業/進級

卒業のためには以下の条件を満たすことが必要です。

 

1-6年生             教材を注文した日から起算して12カ月以内にすべての科目で合格すること。―詳細はテストのセクションをご覧ください。

 

7と8年生           教材を注文した日から起算して12カ月以内にすべての科目で合格すること。―詳細はテストのセクションをご覧ください。修了したら、アメリカから卒業証書が発行されます。

 

9-12年生         教材を注文した日から起算して12カ月以内にすべての科目で合格すること。―詳細はテストのセクションをご覧ください。修了したら、アメリカから卒業証書が発行されます。2種類の卒業証書を発行することが出来ます。

 

進学ディプロマ                  これは通常のディプロマで、24カーネギー単位が必要です。

 

基本ディプロマ                  このディプロマには、21カーネギー単位が必要です。

 

休暇

学習が予定通りに進んでいる学生は、休暇中に英語の本を読む必要があります。読書感想文を、学校が始まる初日に提出しなければなりません。読む本の数は、学生によって変わります。基本的なガイドラインは、自分のレベルにあった本を1週間に1冊です。

ハイスクールの学生は、家庭で書いた提出物を学校へ持参してスキャンしても構いません。オンラインコースは、オンラインで提出します。

 

宿題

宿題は、宿題帳に書きこまれ、子供が宿題を完了したことを示すため、保護者の一人から署名をもらう必要があります。保護者は、宿題の正誤を確認するためにチェックしても構いませんが、しなくても構いません。保護者は宿題が終わった事を確認する必要があります。

 

宿題を家に置いてきたり、忘れたりすると、していないと見なされます。

 

言語

本校の目的は英語で勉強することです。ですから、授業は英語で行われます。特定のクラスにおいては、通訳が提供され、通訳者と多少は日本語で話しても構いません。翻訳者/通訳がいない場合は、英語が学校で使われる唯一の言語です。

 

遅刻

学校は、遅刻者を監督しています。頻繁に遅刻する場合、登校する意思が問われるため、当該学生に別の学校を見つけて、本校の登録をキャンセルするよう求める場合があります。

遅刻する場合は、即座に学校に電話するようにして下さい。スタッフに連絡が付かない時は、留守番電話にメッセージを残して下さい。

 

ライブラリー

本校には、小さいものの少しずつ補充されているライブラリーがあり、学生が利用出来ます。読みたい本は遠慮なくどれでも借りて下さい。読み終えたり、読みたくない本は、他の人も楽しめるよう、必ず返すようにして下さい。

 

薬と麻薬

薬はすべて教師に渡して下さい。適切な時間に適切な方法で服用されることを教師が確認します。

 

違法のドラッグや薬は学校で許可されていません。

 

外出

教師から別の指示が出ていない限り、子供達は2列にきれいに並ぶことを期待されます。教師の追加の指示もよく聞いて下さい。教師は、必要経費と緊急事態のための余分なお金を持っていることを確認する必要があります。

 

駐車

本校では駐車場を貸し出します。前もって電話をかけて、到着時に駐車する場所があることを確認して下さい。

学校周辺には一般の駐車場もあります。詳しくはスタッフにお尋ねください。

 

遊び場

子供達は、学校の外で遊ぶことは許可されません。体育の時間や他のアクティビティの時間に、クラスで近くの公園に行きます。公園に一人で行くことは許可されていません。

 

写真

本校ウェブサイトの安全なエリアに、編集されていない写真が掲載されます。これらはプロモーションの目的ではないので、保護者の方は、他の方法で特定の子供の写真を共有したくない保護者の方もおられる事を考慮に入れて頂くよう推奨します。ハッキリしない時は、当事者の保護者の方に相談して下さい。ログイン情報は、本校オフィスにご連絡下さい。これらの写真が使われる方法について、本校は責任を持ちません。

プロモーション材料(ウェブサイトページ、パンフレットなど、(特別なログインエリアでない場所)と他のプロモーション用の材料)のために使われるすべての写真は、学校のプロモーション材料の中に現れたくない人達の意思を尊重するため、出来る限り注意深く編集しています。

 

宗教

宗教教育は必須です。教会出席は必須ではありません。

アッセンブリー、昼食前、バイブルクラスではお祈りをします。クリスチャンでない子供達は、他の人がお祈りをする間、静かに座っていることを求められます。朝、子供達はクリスチャンの讃美歌を歌い、音楽の授業としてそれらを暗記する必要があります。

 

褒賞

頑張った人は褒められるべきです。褒賞は以下の通りです。

1-6年生               Aをもらった学生は全員がドーナツを1個もらいます。主要教科で満点を取った人は、ドーナツを2個もらいます。ドーナツの代わりに、図書カードにあるキャッシュに替えることが出来ます。Aを1つもらうごとに図書カードに100円をもらいます。

7-8年生               Aをもらうごとに、学生はドーナツを2個もらいます。主要教科で満点を取った人は、ドーナツを4個もらいます。ドーナツの代わりに、図書カードにあるキャッシュに替えることが出来ます。Aを1つもらうごとに図書カードに100円をもらいます。

 

シートベルト

車内では学生全員がシートベルトを着用する必要があります。スクールバスの中では、7歳未満の子供達は特別なシートベルトが提供されますので、それを使用して下さい。小さいタイプのシートベルトでは小さすぎる7歳未満の子供達は、大人用のシートベルトを着用しなければなりません。

 

本校は、校舎内で外履きの靴を履くことは認められません。自分用に履き心地の良い室内履きの靴/スリッパをご用意ください。

適切な場所で適切な靴を履くようにして下さい。

 

病気

子供の体調は保護者の方が管理して頂くようお願いしています。家に留めた方が安全だと感じられる場合には、そうされるべきです。

自己治療にはご注意ください。自己治療は、適切な方法で処置されないなら、感染病が隠れてしまうことがあります。例えば、セキはただの風邪かも知れないし、結核かも知れません。保護者の方が咳止めの薬だけ飲ませていると、学校は病気の子供が学校にいるとは気づかず、この咳が他の人達を危険にさらす可能性もあります。病気が長引く場合、どうか受診して下さるよう、強くお願いします。

学校は、感染症で他の学生を危険にさらす可能性のある学生を教えることを拒むこともあります。また、その学生が復帰/開始するまで待機期間を設ける場合もあります。

 

スリッパ

「靴/スリッパ」のセクションを参照のこと。

 

おやつ

「食事とおやつ」のセクションを参照のこと。

 

スプリングスクール

このプログラムはほとんどの学生に対しては任意プログラムです。けれども、理由はどうあれ、学習面で遅れている学生は、必ず出席となり、余分な費用をお支払い頂くことになります。これは通常の授業料には含まれていません。

 

道徳規範

学校長の解釈による、クリスチャンの道徳規範が学校で実践されます。

 

学生証

学生には学生証が発行されます。常に携帯して下さい。学生が遅刻したり、自宅に連絡がつかない時は、学校へ連絡して自分の居場所を担当者に伝えるようお願いしています。

 

サマースクール

このプログラムはほとんどの学生に対しては任意プログラムです。けれども、理由はどうあれ、学習面で遅れている学生は、必ず出席となり、余分な費用をお支払い頂くことになります。これは通常の授業料には含まれていません。

 

監視カメラ

本校は敷地を監視するために監視カメラを使用する可能性があります。この映像がプロモーション目的に使用されることは一切ありません。これは全く安全目的のためだけです。

 

テスト

テストは、子供達が学習教材を与えられて十分な時間が与えられた後、またはテストを受ける準備が整った時に受ける必要があります。

すべてのテストは学生自身が受けるべきで、教科書やノートその他の教材を補助として使用することは出来ません。特定のテスト用に、計算機または特定の本の使用を認めるものもあります。

60%がDで、テスト合格の最低限です。1教科の中ですべてのテストが最低限の点数であれば、その1年を合格したという意味ではありません。Dは、学年の平均以下のレベルであることを示し、Cは平均レベルです。その学年を修了したかどうかは、以下の観点から判定されます。

 

1-6年生:年間1教科にDが3つより多くないこと。英語で落第すれば、次の学年に進む前に再テストを受けなければなりません。不合格のテストは、再テストで合格しなければならず、5,000円がかかります。

7と8年生:他の学科に加えて英語は合格しなければなりません。英語で落第点を取ると、他の教科が合格していても不合格となります。不合格になると、ただテストだけではなく、セメスター(学期)全体を再登録しなくてはならなくなります。追試は出来ません。

9-12年生:他の学科に加えて英語は合格しなければなりません。英語で落第点を取ると、他の教科が合格していても不合格となります。不合格の場合、追試が1回だけ受けられます。追試の料金は1万円です。学科が不合格になると、当該セメスターに再登録して合格しなければならなくなります。

 

遅れ

遅れの定義は、学生が始業時間に到着していないことです。ベルが鳴っている最中や、開始の過程を始めている時に到着すると遅れたと見なされます。3回遅れると1回の遅刻となります。

 

トイレ

年齢に応じて、子供達は授業中にトイレに行くことは許可されません。ただしどうしても必要な場合は別です。2年生から、所定の行動に従えることが求められます。1年生は、まだその所定の行動を学んでいる途中かも知れません。

 

おもちゃ

子供達は、学校へ自分のおもちゃを持ち込まないようにして下さい。ケンカや口論を避けるためです。口論が起こると、誰の持ち物かはっきりしない場合、学校は問題のおもちゃを没収します。

 

移動時間

子供達の下校時、スクールスタッフが監督します。予定の時間に子供達が学校/家に到着しない場合、学校は、保護者と協力しながら、状況を解決するための適切な行動を起こす体勢が整っています。

 

大学コース

非凡な成績を収めた学生や、高校コースを早く修了した学生は、グリッグスインターナショナルアカデミーのアカデミックスタンダードコミッティーに、大学コースを受講するよう申し立てることが出来ます。ただし、大学で受講した場合の3もしくは4単位と異なり、高校で受講した大学コースはすべて1単位として数えられます。

 

本校では、学生が持参した飲物が終わってしまった時、安全な瓶詰ウォーターを提供します。水道水を飲まないで下さい。

 

2017年6月
M T W T F S S
« Apr    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

表彰状

Once again, thank you for your offer and kindness. It has given us assurance that we are not entrusting our children to teachers who will only educate them academically but to a wonderful people who will educate and challenge them as a whole person. (mentally, morally and spiritually).

L    8月 4, 2016   

M within this week has received offers for two excellent Canadian universities(Victoria and UBC). I must say, it is even better than I even dreamt off. This makes us proud but with the due realization that your efforts have been a crucial contribution and played a big role. Thanks so much and I hope it gives you even more confidence to inspire the best in your students and endeavors.

E.C.    5月 29, 2014